amplifizr, Vol.3 - マルチデバイス化を見据えたコンテンツ設計 基礎講座


Experience Points』の著者で、Web デザイナー、コンサルタント、スピーカーとして活躍されている長谷川 恭久さんをゲストスピーカーへ迎え、amplifizr, Vol.3を開催します。

長谷川さんのセッションとしては珍しく、今回はワークショップの時間も設けています。
興味のある方、ぜひご参加ください。

こちらのセミナー・イベントは開催終了しました。

Outline

様々なデバイスを利用してWebへアクセスできるようになったことで、どのようにサイト・アプリを作れば良いのかという話題が注目されています。作り方の部分に話題が集中するものの、肝心のコンテンツが置いてけぼりにされている場合があります。今のコンテンツが、今後増え続けるデバイスに対応しているとは限りません。どの手法でサイトを作ったとしても、適したコンテンツが提示されていないのであれば意味がありません。

コンテンツは既にあるものではありません。Webサイト制作者は考えなくていいもの、後回しにできるものでもありません。コンテンツから設計できるということは、余計に仕事が増えるのではなく、よりコンテンツを活かしたデザインを提案できるチャンスを与えてくれます。多デバイス化し、より情報発信が複雑化するからこそ、Webに適したコンテンツ設計の重要性が高まるはずです。

この講座では具体的な手法だけでなく、当日は実際手を動かして、どのようにコンテンツを設計していけば良いのかを体感・紹介していきます。

Agenda

  • マルチデバイス化による利用シーンの多様化
  • なぜ制作者がコンテンツなのか
  • コンテンツから始めるデザインプロセスのメリット
  • コミュニケーションためのヒント
  • コンテンツの基本構造
  • コンテンツの『棚卸し』
  • モバイル戦略に向けての注意点
  • コンテンツパッケージのススメ
  • CMSのAPI化
  • コンテンツファーストのデザインパターン
セミナー・イベント名amplifizr, Vol.3 - マルチデバイス化を見据えたコンテンツ設計 基礎講座
開催日時2012年11月23日(土)14:00-17:00
会場岡山市デジタルミュージアム / 4F 講義室
(岡山市北区駅元町15-1)
定員30名
出演長谷川 恭久(could)
主催amplifizr
参加費早割 : 3,000円
一般 : 4,000円
決済方法当日現金
懇親会終了後に懇親会を予定しています(懇親会費は別途3,000-4,000円程度)

Speaker

長谷川 恭久(Yasuhisa Hasegawa)

長谷川 恭久
(Yasuhisa Hasegawa)

could

デザインやコンサルティングを通じてWebの仕事に携わる活動家。
アメリカの大学にてビジュアルコミュニケーションを専攻後、マルチメディア関連の制作会社に在籍。日本に帰国後、数々の制作会社や企業とコラボレーションを続け、現在はフリーで活動。

自身のブログポッドキャストではWebとデザインをキーワードに情報発信をしているだけでなく、各地でWebに関するさまざまなトピックで講演を行ったり、多数の雑誌で執筆に携わる。

著書に『Experience Points』『スタイルシート・スタイルブック』『Web Designer 2.0』など。

Contact

amplifizrに関するお問い合わせは、事務局にて承っております。

info[at-mark]amplifizr[dot]jp